胡桃坂 仁志 教授
       Prof. Hitoshi Kurumizaka

      早稲田大学 理工学術院
      先進理工学部
      電気・情報生命工学科


mail : kurumizaka(a)waseda.jp
 (a)を@に変えてください。

略歴

1989年  東京薬科大学 薬学部  卒業
1995年  埼玉大学 大学院 理工学研究科 博士後期課程 生物環境科学専攻修了博士(学術)
1995年〜1997年  アメリカ合衆国 国立保健研究所(NIH)  博士研究員
1997年〜2003年  理化学研究所 細胞情報伝達研究室  研究員
1998年〜2003年  理化学研究所 ゲノム科学総合研究センター タンパク質構造機能研究グループ  研究員
2003年〜2006年  早稲田大学 理工学部 電気・情報生命工学科  助教授
2001年〜2007年  横浜市立大学 大学院総合理学研究科 生体超分子システム科学専攻  客員准教授
2003年〜現在  理化学研究所  客員研究員
2007年  早稲田大学 先進理工学部 電気・情報生命工学科  准教授
2008年〜  横浜市立大学 大学院総合理学研究科 生体超分子システム科学専攻  客員教授
2008年〜  早稲田大学 先進理工学部 電気・情報生命工学科  教授

学会

構造エピゲノム研究会日本エピジェネティクス研究会
分子生物学会生化学会生物物理学会蛋白質科学会 等


資格
  薬剤師
著書
単著
 基本がわかれば面白い!バイオの授業 羊土社 2006年2月
 やさしい先端バイオ 羊土社 2002年8月

共著
 最新医学  乳癌 ‐基礎と臨床の架け橋‐ vol.65  最新医学社 2010年6月
 化学フロンティア(12) ゲノム創薬の展望 化学同人 2003年8月
 クロマチンと遺伝子機能制御U-1.ヌクレオソーム構造と機能 シュプリンガー・
フェアラーク東京
2003年6月
 岩波講座:現代医学の基礎1 
 分子・細胞の生物学T-遺伝子とタンパク質第10章
 タンパク質の立体構造と相互作用
岩波書店 1998

編集
 核酸実験の原理とプロトコル 羊土社 2011年6月
 タンパク質実験マニュアル 朝倉書店 2006年10月

連載
 バイオベンチャー連載 
 
イラストでみるやさしい先端バイオvol.1(1)〜2(3)全6回
羊土社 2001-2002年

日本語総説
 ヌクレオソームの構造とダイナミクス 実験医学増刊Vol.27(17) 羊土社 2009年
 構造から理解する相同DNAの組換え機構 生化学Vol.80(6) 日本生化学会 2008年
 DNA組換えを行うタンパクシステム 生体の科学vol.55(5) 医学書院 2004年
 構造ゲノム研究の流れと成果 実態医学Vol.19(8)
2001年
 クロマチン構造を介した転写制御 実態医学Vol.14(18)
1996年
 RecA タンパク質の相同 DNA 認識機構 タンパク質核酸酵素Vol.40
1995年



Copyright(C)2008 Kurumizaka Laboratory , Waseda University All rights reserved.