研究室紹介

教員紹介

誘電体材料研究室

電気を絶縁し光の伝搬も制御する常に重要な材料「誘電体」

大木 義路 教授

大木 義路 教授

担当科目:電磁気学、物性基礎論、誘電体材料

学歴

1973年 早稲田大学理工学部電気工学科卒業
1978年 早稲田大学大学院理工学研究科博士課程修了、工学博士

 

略歴

早稲田大学理工学部専任講師、助教授を経て、1985年より現職

業績・2015年 平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞受賞

リサーチアワード総長賞(2016年度)を受賞


研究紹介

 電力機器、電子回路、光ファイバ、バイオセンサ・・・現代の暮らしに不可欠な重要なデバイスです。一見全くの別物に見えますが、全て「誘電体」が無ければ成り立ちません。誘電体は、電気の絶縁、光の伝搬制御が可能な重要な材料です。これらの研究を通して、一緒に世界の産業発展に貢献していきましょう!

 電気から光まで幅広い知識を身に付けられ、研究所での研究や学会発表も多いので、就職先も放送、電力、鉄道からメーカー、研究所に至るまで引く手あまたです。

 

・研究室ウェブサイト >

・研究活動データベース>

 

化学気相堆積法で数nm厚の次世代トランジスタ用絶縁膜を作製中。

化学気相堆積法で数nm厚の次世代トランジスタ用絶縁膜を作製中。
背後の装置は高速イオンを打ち込むための加速器。

 

超電導応用研究室 確率的情報処理研究室 細胞分子ネットワーク研究室 誘電体材料研究室 分子細胞生物学研究室 合成生物学研究室 電子・光子材料学研究室 電子・光子材料学研究室 薬理学研究室 光物性工学研究室

生命システム研究室 量子材料学研究室 バイオインフォマティクス研究室 先進電気エネルギーシステム研究室 半導体工学研究室 情報学習システム研究室 分子センサデバイス研究室 コンピュータ援用電磁工学研究室 アドバンス制御研究室

 

 ページの先頭へ戻る