研究室紹介

教員紹介

細胞分子ネットワーク研究室

バクテリアを用いて体内時計や形作りの原理を解明する

岩崎 秀雄 教授

岩崎 秀雄 教授

担当科目:細胞生物学、生物学史、遺伝学、細胞分子生物学、システム生物学、科学と芸術

学歴

1995年 名古屋大学農学部農学科卒業
1999年 名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了、博士(理学)

 

略歴

日本学術振興会特別研究員、名古屋大学大学院理学研究科助手、早稲田大学理工学部准教授を経て、2012年より現職

 

研究紹介

 生きものに観られるダイナミックな活動である体内時計(生物リズム)と形作り(発生)の原理を、できるだけシンプルで解析しやすい生物(シアノバクテリア)を用いて解析しています。リズムや形作りに必要な遺伝子を特定し、そのメカニズムを理解し、試験管内や細胞を使って実際に再現することができるか挑戦しています。また、生命には様ざまな理解の可能性があるため、人文系やアートから見た生命観についても学際研究や制作活動を行っています。

 

・研究室ウェブサイト >

・研究活動データベース>

 

シアノバクテリアの液体培養。光合成を行うため,光照射条件で培養する。

シアノバクテリアの液体培養。光合成を行うため,光照射条件で培養する。
体内時計や形作りの研究に用いている。

 

超電導応用研究室 確率的情報処理研究室 細胞分子ネットワーク研究室 誘電体材料研究室 分子細胞生物学研究室 合成生物学研究室 電子・光子材料学研究室 電子・光子材料学研究室 薬理学研究室 光物性工学研究室

生命システム研究室 量子材料学研究室 バイオインフォマティクス研究室 先進電気エネルギーシステム研究室 半導体工学研究室 情報学習システム研究室 分子センサデバイス研究室 コンピュータ援用電磁工学研究室 アドバンス制御研究室

 

 ページの先頭へ戻る