研究室紹介

教員紹介

電子・光子材料学研究室

光とともに歩む

小林 正和 教授

小林 正和 教授

担当科目:電磁気学、電子回路、光デバイス

学歴

1983年 早稲田大学理工学部電気工学科卒業
1988年 東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了、工学博士

 

略歴

Purdue University Principal Research Scientist, 千葉大学工学部助教授を経て、2000年より現職

 

研究紹介

 人工的に作られた物質や自然界に存在する物質の多くは電子の振舞いがその物性に大きく影響を与えています。半導体を中心に様々な結晶を作製し、そのナノメーターオーダーの微細構造、低次元構造、量子構造を開発することによって各種新材料における電子や光子の振舞いを制御することを研究しています。また、人体内における電子や光子の振舞いにも対象領域を広げた研究を行っています。

 

・研究室ウェブサイト >

・研究活動データベース>

 

ボールミル法によって作製したナノ粒子の蛍光(ナノ粒子は溶媒中に分散されている)の様子。

新たに開発された電子材料の特徴を半導体レーザ光線を用いて探査する。

 

超電導応用研究室 確率的情報処理研究室 細胞分子ネットワーク研究室 誘電体材料研究室 分子細胞生物学研究室 合成生物学研究室 電子・光子材料学研究室 電子・光子材料学研究室 薬理学研究室 光物性工学研究室

生命システム研究室 量子材料学研究室 バイオインフォマティクス研究室 先進電気エネルギーシステム研究室 半導体工学研究室 情報学習システム研究室 分子センサデバイス研究室 コンピュータ援用電磁工学研究室 アドバンス制御研究室

 

 ページの先頭へ戻る