研究室紹介

教員紹介

先進電気エネルギーシステム研究室

環境に優しく持続可能な未来の電気エネルギーシステムをデザインする

林 泰弘 教授

林 泰弘 教授

担当科目:電気エネルギーシステムと環境、先進電気エネルギーシステム、回路理論

学歴

1989年 早稲田大学理工学部電気工学科卒業
1994年 早稲田大学大学院理工学研究科博士課程修了、博士(工学)

 

略歴

早稲田大学理工学部助手、茨城大学工学部講師、福井大学大学院工学研究科准教授を経て、2009年より現職、2014年より早稲田大学スマート社会技術融合研究機構(ACROSS)機構長を兼務

業績・リサーチアワード総長賞(2016年度、2017年度)を受賞

 

研究紹介

 環境に配慮した電気エネルギーの安定供給は、持続可能な社会活動を実現するために必要不可欠です。当研究室では、太陽光や風力発電などの環境に優しい再生可能エネルギー源の導入と、電気エネルギーの安定供給の双方を、継続実現可能な次世代の最適な電気エネルギー供給形態をトータルデザインするとともに、その実現に向けた先進的方法論をコンピュータシミュレーションと次世代電気エネルギーシステム模擬実験を通して、研究開発しています。

 

・研究室ウェブサイト >

・研究活動データベース>

 

次世代電気エネルギーマネジメントシステム統合研究開発プラットフォーム

世界有数で国内初の次世代電気エネルギーマネジメントシステム統合研究開発プラットフォーム
(次世代電気エネ ルギーシステム模擬実験設備 ANSWER+次世代スマートハウス)。

 

超電導応用研究室 確率的情報処理研究室 細胞分子ネットワーク研究室 誘電体材料研究室 分子細胞生物学研究室 合成生物学研究室 電子・光子材料学研究室 電子・光子材料学研究室 薬理学研究室 光物性工学研究室

生命システム研究室 量子材料学研究室 バイオインフォマティクス研究室 先進電気エネルギーシステム研究室 半導体工学研究室 情報学習システム研究室 分子センサデバイス研究室 コンピュータ援用電磁工学研究室 アドバンス制御研究室

 

 ページの先頭へ戻る